健康に関する情報の配信。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぜ

熱のど鼻に効くこのビタミン

湿った咳や鼻水くしゃみは、かぜの運びやです。
咳やくしゃみのたびに粘膜の小さな粒が空気中に発散される。
この粒にはサッカーボールの形をしたライノウィルスが入っていて
これがついた指で鼻を触ったり粒を吸い込んだりすると
ウィルスが粘膜にとりつく。
つまり一番の予防はマスクと、うがい、手洗いが最強なのです。
くしゃみ、鼻水、咳は乱入者を追い出すための作戦なのです。
かぜをひくまえに、ビタミンCをとると、風邪に対して
防御機構を活性化するといわれています。
かぜをひいたら
・温かいチキンスープを飲む
・水分を多くとる(アルコールはダメ)
・にんにくをたべよう。(インフルエンザウィルスへの抵抗を上げる)
・体温を温めよう
スポンサーサイト

疲労

鉄不足で疲労が引き起こされる。

ストレス、うつ病、甲状腺疾患、貧血、食物アレルギーはすべて
慢性の疲労が現れる病気といわれています。
多くの女性は月経前や更年期に疲労を感じています。
疲労の原因で最も多いのが鉄欠乏症貧血といわれており
月経のある女性の20%が毎月の失血で貧血になっている。
脂身の少ない肉やカキやあさりをとりましょう。
植物性食品に含まれる鉄分は動物性食品に比べ吸収が悪い。
ビタミン:ミネラルは疲労に欠かせない栄養ですが
心臓病・腎臓病のある人は、バグネシウムを取る前に:又
腎臓病・糖尿病の人はカリウムを取る前に医師に相談しましょう。
ビタミンCを多量に取ると下痢を起こす人もいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。